椎間板ヘルニア

当サイトでは、多くの首の痛みの原因は骨の位置が直接の原因だと説明しておりますが、例外として椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)があります。
椎間板ヘルニアとは、背骨の骨と骨の間のクッションの役割を果たしている軟骨(椎間板)が変性し、組織の一部が飛びだし神経を圧迫して起こる神経障害です。

一般的に腰の椎間板ヘルニアが有名ですが、首の椎間板ヘルニアもあります。
頸部(首)のヘルニアの症状は以下の通りです。

●首の痛み
●首回りの痛み
●腕の痛み
●腕・手のシビレ
など、症状は頸椎症や首の脊柱管狭窄症とよく似ています。
椎間板ヘルニアか否かの診断はMRIなどの検査器を使用し医師が判断します。