寝ちがえ

施術可能な状態:「寝違え」

※当サイトでは起床時に首や肩に痛みがあり頸椎運動が制限された状態を「寝違え」とします。

寝違えの主な症状

・首を動かすと痛い
・通常より首が回らない
・首をまわす角度が大きくなるほど首の痛みが増す

主な原因

・頸椎の位置の変化
・肩や脇周りの筋肉の伸縮

施術内容

寝違えは肩や脇周りの筋肉の伸縮で引き起こる場合と頸椎(首の骨)のズレで起こる場合があります。

A: 肩や脇周りの筋肉の伸縮で引き起こる場合
一方の肩を下にして寝た場合、枕の位置によって肩や脇の筋肉が圧迫される場合があります。この時、脇の内側にある腋窩(えきか)神経も圧迫されます。腋窩神経は首を支える筋肉に繋がっているので、血行不良でシビレると首に痛みがでます。

B: 頸椎(首の骨)のズレで起こる場合
頸椎の位置を正常にする事により痛みを軽減させていきます。
睡眠中に首や頭の位置などの変化により、ある日突然頸椎の位置が痛みを引き起こす状態になることがあります。
これは頸椎の中の神経やそこから枝分かれた神経(神経根)が圧迫されて痛みや痺れを引き起こしている状態です。


 
図で確認すると、頸髄が首、肩、腕、手などの運動を支配していることが判ります。
この神経の圧迫は頸椎の位置を正常にすると緩和されます。