頸椎症

施術可能な症状:「頚椎症」

首の痛み・腕や手の痺れで最も多い症状
※当サイトでは「頚椎症性脊髄症」「頚椎症性神経根症」を総称して「頚椎症」とします。

頸椎症の主な症状

・首の痛み
・首から肩にかけての痛み・痺れ
・肩、腕、又は手の痺れ

主な原因

・頸椎(首の骨)の位置の変化

施術内容

頸椎が年齢・日常・怪我などの様々な要因(主に年齢)により変化することを頸椎症といいます。しかし、頸椎症自体は病名ではありません。頸椎症により、頸椎の中の神経やそこから枝分かれた神経(神経根)が圧迫されて痛みや痺れを引き起こしている状態が「頚椎症性脊髄症」や「頚椎症性神経根症」です。頸椎症の状態を改善させる事を目的に施術致しますので当院では頸椎症を症状名とさせて頂いております。

 

図で確認すると、頸髄が首、肩、腕、手などの運動を支配していることが判ります。
頸椎の位置を正常にすることにより痛み・シビレを軽減させていきます。
神経障害ですのでマッサージなどで痛みがあるところの筋肉を伸ばしても根本的な解決にはなりません。

首の痛みに関するお客様の声』もご覧ください。